メガネの曇り止めはどこで売ってる?売り場やタイプもご紹介!

メガネ
  • メガネの曇り止めをすぐに欲しい
  • 買いたいんだけどどこに売っているの?

そんな方に向けて、この記事ではメガネの曇り止めが売っている店をご紹介してきます。

この記事を読むことで、欲しい時に、すぐに、無駄足なく、メガネの曇り止めを買うことができるでしょう。

売っている店の他に、売っている売り場もご紹介します。 なので欲しいと思った時に早く買うことができます。

他にも、メガネの曇り止めのタイプについても大まかにご紹介しているので、自分に合ったタイプを探すお手伝いもさせていただきます!

スポンサーリンク

メガネ 曇り止めどこで売ってる?

メガネの曇り止めが買えるのは

  • セブン、ローソン、ファミマなどのコンビニ
  • マツキヨ、ツルハ、ウェルシアなどのドラッグストア
  • ダイソー、セリアなどの100円均一ショップ
  • カインズなどの生活雑貨も扱っているホームセンター
  • その他ドンキホーテなどの大手ディスカウントストア

に売っています。

生活雑貨を扱っている大手チェーン店なら、売っていると考えて良いでしょう。

コンビニ

コンビニでは大手の

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

では常時、メガネの曇り止めが販売されている可能性が高いです。

小林製薬の「メガネクリーナふきふき くもり止め」はよく店頭に並んでいます。

使い捨てのシートタイプなので、使い方も簡単な人気商品ですね。

ただ、「くもりどめ」タイプ以外に普通のクリーナータイプもあるので、買い間違いにご注意を。

コンビニなら街中にあるので、いざ「メガネの曇り止めが欲しい」となったときに買いやすいですね。

ドラッグストア

ドラッグストアでも基本的にメガネの曇り止めが販売されています。

  • マツモトキヨシ
  • ウェルシア
  • ツルハドラッグ

など、ドラッグストアもコンビニ同様、数多く店舗があるので買いやすいでしょう。

ドラッグストアの場合は『メガネクリーナふきふき 曇り止め』以外にも自社製品の曇り止めシートや、他にも塗るタイプなど、様々な種類を取り扱っている店舗も多いです。

値段もコンビニより安い場合も多いので、いろいろ見て選びたいときにピッタリですね。

100円均一ショップ

100円ショップである

  • ダイソー
  • セリア

などでもメガネの曇り止めを取り扱っています。

税抜100円で買えるのは嬉しいですね。

100円ショップでも、シートタイプ以外にもスティックの塗るタイプなど、いくつか種類があるようです。

「メガネの曇り止めを買わなきゃ!」

となったときにお近くに100円ショップがあればお財布にも心強いですね。

ホームセンター

豊富な品揃えのホームセンターでも曇り止めを買えます。

店によってはドラッグストアのように自社製品で安く取り扱っている可能性も。

大型店舗なら全体の商品数も多いので、様々な種類のメガネの曇り止めがあるかもしれません。

ホームセンターは広いため、見つけるのに少し時間がかかる可能性があり、さっと必要なときに手早く買う場所にはならないかもしれませんが。

必要になったときに近くに店舗があるか、慣れたところなら探してみてはいかがでしょうか。

また、最近はネットから店舗取り置きができるホームセンターも多いので、サービスを活用することで探し回らずに購入することができるでしょう。

どこの売り場で売ってる?

メガネの曇り止めは様々なところで購入できますが、売り場はどの辺りにあるのでしょうか。

もちろん店によって多少の違いはありますが、基本的に医療雑貨

  • マスク
  • 綿棒
  • ガーゼ

などが売っている場所の近くにある場合が多いです。

特にドラッグストアではその傾向があります。

コンビニでは生活雑貨がある場所に売っていますね。

ゆっくり探す時間がないときには店員さんに聞いてみると良いでしょう。

どんなタイプがある?

眼鏡の曇り止めは店によって品揃えも違うもの。

  • シートタイプ
  • スティックタイプ
  • 液状・ジェルタイプ

など、いくつもタイプがあるので、自分が使いやすいものを選びましょう。

使い方もかんたんにご紹介します。

シートタイプ

よくあるのがシートタイプの曇り止めです。

先程もご紹介した小林製薬の『メガネクリーナふきふき くもり止め』もシートタイプです。

使い方は簡単、シートで眼鏡を拭くだけ。

持ち運びもしやすく、サッと使えます。ポケットやバッグに入れておけばイザという時に便利ですね。

ドラッグストアやホームセンターなどでの自社製品もあれば、比較的安く購入することもできます。

ただし、シートタイプは「曇り止め効果」がついているものと、ついていないクリーナー効果のみの製品もあるので、買う前に確認しておいたほうが良いでしょう。

「くもり止め」と書いてあればOKです。

また、個包装の使い切りシートタイプの他に、繰り返し使えるクロスタイプもあります。

こちらも使い方は同じく拭き取るだけで眼鏡の曇り止め効果が期待できます。

スティックタイプ

拭くタイプ以外にもスティックタイプの眼鏡の曇り止めもあります。

有名なのでは『メガネクリンビューくもり止めクリーナー』は昔からありますね。

こちらも使い方は簡単で、眼鏡のレンズ全体に塗り、ティッシュなどで拭き取るだけで曇り止め効果が出ます。

スティックタイプの良さはコスパの高さでしょう。

多くの回数分、使用できるので、1回あたりの値段は安いです。

スティックで塗って拭き取るという手間(というほどではないかも)はありますが、いちいち残りの使える回数を気にすることも少なく済みます。

液状・ジェルタイプ

液やジェルを眼鏡に付けるタイプの曇り止めもあります。

使い方は、適量をメガネに垂らしてティッシュなどで均等に塗り広げるだけ。

人気の高いものではソフト99の『メガネのくもり止め濃密ジェル』がありますね。

ジェルを自分で適量に調節しなければいけませんが、高い曇り止め効果が期待できるということで、こちらはかなり人気の商品です。

ただ均一に塗れるように慣れるまでは、使いこなすのが難しいと感じる方もいらっしゃるようです。

まとめ

以上、メガネの曇り止めはどこで売っているのかのご紹介でした。

メガネの曇り止めは

  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • 100円ショップ
  • ホームセンター

など幅広い店で取り扱いがあります。

すぐに欲しいその時に近くにあるお店で探してみるとよいでしょう。

置いてある売り場としては

コンビニ100円ショップホームセンターなどなら日用雑貨系が置いてある売り場。


または

ドラッグストアならマスクや綿棒など医療雑貨系が置いてある売り場


を探してみると見つけやすいです。

また、店によってはメガネの曇り止めはシートタイプのみの取り扱いしかありませんが、他にもジェルタイプやスティックタイプなど、いくつかのタイプがあるので、自分に合ったメガネの曇り止めを探してみてはいかがでしょうか。

この記事を参考に、メガネの曇りストレスからオサラバしてしまいましょう!

タイトルとURLをコピーしました