大学除籍は履歴書に書かないとどうなる?

お役立ち情報

大学除籍を履歴書に書かないとどうなるのでしょうか。

恥ずかしながら今から十数年前、にゃ吉も大学を学費未納で除籍になっております。

学生でなくなったら、次に就職なりバイトなり仕事を探すことになりますよね。

まあにゃ吉は1年近くニートしてましたがw

就職でもバイトでも必要となるのは履歴書。

でもここで問題が。

「大学除籍って履歴書に書くの?」

「履歴書に除籍のことを書くと不利になるって聞いたけど、だったら書かなくても良い?」

「そもそも中退と違って除籍って大学にいなかったことになるって聞いた気が…」

と、様々な疑問が浮かび上がり、履歴書を書く手が止まってしまいます。

果たして、どうするのが正解なのでしょうか。

スポンサーリンク

大学除籍を履歴書に書かないとどうなる?

「いっそ履歴書に書かなくていいかな」

と、開き直ってしまいたい気持ちに私も一瞬なったことがあります。不利になるって言うし。

しかし今考えると、書いてよかったです。それどころか、履歴書に書かないというのは問題が発生する可能性を出すことになってしまうのです。

バレると経歴詐称ということに

大学を除籍になり、履歴書に大学の入学を書かなかったり、卒業したなどと嘘を書くのは経歴詐称になってしまいます。

バレたら解雇の事由になってしまいますね。

ハッキリ言ってリスクが高すぎるのでおすすめしない、というか、絶対にやめましょう。

バレなくても隠し続けなければいけない

「じゃあバレなきゃいい…」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

正直に言えば、金融業などの一部の業界や、よほどの大企業でもない限りはわざわざじっくり調べる可能性は低い、と言われてもいます。

とは言え、仮に経歴を隠して入社してずっと嘘を付き続けるというのは難しいものです。

ずーーっと、バレるリスクを恐れてやっていくのでしょうか。

空白の時間ができる

大学を除籍になったのに履歴書に「卒業」などと書くのは多くの方はやりたくてもできないでしょう。てかやるべきではありません。

リスクを考えるならば当然です。

逆に、大学への入学自体を書かないのも、経歴詐称である以外にも問題があります。

あなたの大学除籍が入学から何年経った後なのかにもよりますが、その間の経歴に空白ができてしまいます。

そして面接では必ずと言っていいほど”空白”について聞かれます。

「高校卒業してからの○年間、何をしていましたか?」

除籍のマイナスを恐れて履歴書に入学を書かず、今度は空白でマイナスポイントの払拭を考えなければいけないのです。

正直に書いたほうが良い

わざわざ嘘で履歴書を塗り固める必要はありません。

というか、やっぱり経歴詐称になるので絶対にやめたほうがいいです。

大学に入学したこと、そして途中で辞めたことを正直に書いたほうが要らぬ心配をする必要もありません。

「除籍は大学への入学も無かったことになる」は大間違い!

にゃ吉も昔だまされていましたが、

ネットで検索してみると、

「除籍は大学にいた事実自体が抹消されるので入学も無かったことになる(だから履歴書に大学名は書かない)」

という情報も見ます。

おそらく”除籍”という単語からのイメージなのでしょう。

ハッキリ言って、「大学への入学も無かったことになる」は大間違いです。

除籍だって大学にいた事実と記録はある

除籍というのは単に事務上の手続きを行わなるということです。

退学も転校も卒業も除籍になります。

「はい除籍になりました。記録は全部抹消して白紙~」
てわけじゃないんですよ。

つまり、大学にいた記録は普通にあるんです。

「初めから入学しなかったことになります」
「大学にいなかったことになります」

なんて普通に書いてる人もいるのがネットで情報を得る難しさを感じますね。

大学や除籍の理由によって変わることも

ただ、学費未納や単位不足なら上のような考えですが、重大な事件を起こしたなどの場合は大学によっては”抹籍”などで除籍と区別され、入学の事実・資料などを抹消することもあるのだとか。

その場合だと、履歴書には書けないということになりますね。

割と特殊な例なので、それに該当するかは本人が一番分かっていることだと思います。

詳しくは、やはり大学に確認するのが一番ですね。

大学除籍は履歴書にどう書く?

「大学除籍した場合でも履歴書に書くのは分かった。それじゃ、具体的にどう書けばいいの?」

という話になります。

退学と書いても問題ない?

「大学を途中で辞めたのだから中退かな?」と真っ先に思い浮かぶでしょう。

厳密には中退(自分から辞める)と除籍(辞めさせられる)は違うものですが、同じ”退学”ではあります。

なので例えば学費未納で除籍となった場合の書き方は

◯◯大学 入学
〇〇大学 経済的理由のため退学

と、”退学”という言葉を使えば嘘になりません。

理由も履歴書に書くのか?

退学の理由は書くべきか否か迷う方もいらっしゃると思います。

基本的には、細かい理由は書く必要はありません。

せいぜい、「一身上の都合」や「経済的事情」で良いです。

面接で聞かれるので、そのときに答えれば良いでしょう。

ただし、理由を書いてプラスになり得ると思うことなら書きましょう。

例えば、学びたいことが途中で変わった、などです。

しかし、中途退学ならともかく、”除籍”でそんなことはほぼ無いと思います。

確認しておくのが一番

ただ、除籍と表現するのか退学と履歴書に書くのかは、迷うなら大学・会社に確認しておくのが一番なのは変わりません。

大学除籍は就職に不利になるのか?

大学を除籍になるのはやはり就職に不利になるのでしょうか。

書くべき、とは思っても、不利になると思うと履歴書を書く手が止まってしまうもの。

強制的な退学なので不利になることもある

正直な話、大学の除籍は強制的な退学なので、不利になることがあります。

もちろん面接などでリカバリーできる部分はあるかもしれませんが、こればっかりは相手に評価を委ねられますし、過去の事実は変えられないものですね。

だから除籍にまだなっていない方がいらっしゃいましたら、退学届を出して中退にしたほうがいいです。

にゃ吉のように既に除籍になってしまっている方は、このまま勝負するしかないですね。

除籍でも問題ないことも

これは会社(面接する人)に大きく左右されますが、除籍でも就職で問題ないこともあります。

  • 元々学歴は大して気にしていない業界・会社である
  • 経済的事情などで「やむを得ない」と判断してもらえる

この場合は除籍で履歴書に退学と書いても問題ないこともあるでしょう。

実際のところは面接次第

大学を除籍になって履歴書に書く書かないという話より、結局は就職は面接次第ということです。

そこでうまく返せれば良いし、最初から聞かれなければ仕方ないってことではないでしょうか。

大学除籍は履歴書に書かないとどうなる?のまとめ

大学を除籍になっても、入学・在学の事実はあるので、履歴書には入学し退学になったことは書きましょう。

書かないと経歴詐称になってしまいますし、バレると解雇の事由になってしまう可能性があります。

履歴書には細かい理由を書く必要はありません。

「経済的な理由により」とか「一身上の都合により」で良いでしょう。

面接で理由について聞かれると思いますが、そのときにしっかり答えることができるかどうかがカギとなります。

会社によっては不利になることもありますが、除籍になった事実は消せません。

後で自分でどうリカバリーするかで勝負することになると思います。

除籍というのは確かに良い要素とは言えないですし足かせになるかもしれません。

でもここから心機一転、がんばっていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました