検索依存はやる気も行動力も下げる

未分類

検索依存のにゃ吉です!

すこしでも気になることがあると、なんでもGoogleで検索してしまう癖があります。

昨日と今日は〈日記〉と〈エッセイ(随筆)〉の違いを中心に、次から次へとGoogleに検索キーワードを打ち込みまくっていました。

もはや疑問の答えを見つけることよりも、検索をしてネットサーフィンをしていくことが目的に。

こういうことは毎日。ネットを使うようになってから段々と頻度が高くなってきました。

確かにネット検索はとても便利ですよね。一時期は「全ての答えはネットにある!」くらいの高揚した気持ちでしたよ。

何か困っている人にも
「おいおい、そんなのネットで調べればすぐに解決するのに」
という言葉は、さすがに言ってはいないですが、気分としてはそんな典型的な奴でした。

今でもたまに「そんなことさっさと検索すればいいのに」と思うことはあるけど。

しかし今は検索依存のような現状は好ましくないと考えていて、この症状を緩和させたいなと思っているところです。

スポンサーリンク

検索するほど迷ってしまう?

タダの好奇心・暇つぶしで検索していくのはなんでも良いです。

しかし何かしらの行動の指針が欲しいときや、抽象的な話の場合は明確な【答え】というものは無いことがほとんどです。

それぞれ答えらしきものは出るのですが、「ここで終わり」とはなりません。

検索を適当なところで自分で切り上げなければエンドレスです。

会社を辞めるべきかどうか、どんなダイエット法が効果的か、ブログの記事を書くコツは?

などなど、GoogleやYahoo!などに悩みを打ち込めば瞬時に多くの情報サイトや、体験談、オピニオンリーダーの言葉などが出てきます。

しかし当然ながら状況も性格も人それぞれですし、考え方・切り口がサイトごとに違います。

会社は嫌ならすぐ辞めろ、仕事を好きになる工夫をしよう、戦略的に計画を練って転職してやれ、成長のチャンスだ、などなど。

どれもそれなりに正しいことを言っている気がするし、実際に正しいのでしょう。

例えば「エッセイ(随筆)の定義や書き方」というのを昨日と今日で調べていたのですが、

「筆の赴くままに好きに書けばいいんだよ!」という意見が大半だったので、これは気楽な文章表現だなーと思っていたら

「雑文とエッセイは違う」という意見があって、

まじかー、気軽に書けると思ったのにと一瞬困りました。

そこで〈雑文〉をネットで検索してみると

専門的でない、気軽に書き流した文章。

とあります。

ん?それじゃあエッセイの好きに日常を書いた文章と何が違うんだ?とまた一瞬だけ混乱。

その間、肝心の”文章を書くこと”については止まったまま。

【情報の正しさ】だけを求めて検索していくのは時間がかかり過ぎるし、割りと不毛なことも多いなーと改めて実感しました。

まあ今は【検索のスキル】という言葉もあり、そういう意味では私の検索スキルのレベルが足りなかっただけかもしれませんが。

心地よい情報に浸って行動しない

私はある意味これが問題。

自分の中で〈エッセイ〉というものはある程度理解できたし、日記だの論文だの雑文だの気にしない方向で行くことも決めました。

よし、後は書くだけ!

…だと良いのですが、お決まりの行動をしてしまいます。

それは見出しにもあるように「心地よい情報に浸って行動しない」というものです。

後は書けば良いのに周辺情報を検索して(意味なく)知識を深めているのです。

新しいゲームソフトを買ったのに、いつまでも説明書を熟読したり、なぜかPVを観たり、いろんなサイトのレビューを読んでいるようなものですね。

早くプレイしろよ!早くパッケージから取り出して本体にセットして電源入れろよ!取り敢えず動かしてみろよ!

ゲームだと素直にそう思えるし、いつまでもプレイしない意味が分からないくらいなんですけどね。

【正解】があることなら検索は有効

もちろん、「検索(ネット)に頼らずに生活していこう」などとは全く思っていません。

今更こんなに便利なものを使わないなんてもったいない。

便利なものは便利に使っていけば良いのですよ。

特に、明確な【正解】がある場合は手早く答えが知れますし。

今回調べたように「エッセイとは?」とかね。

あとこの記事でさっき「オピニオンリーダー」って言葉を使いましたけど、なんとなく使いたくなったものの、意味として合っているのかなと考えて調べてみました。

そんなふうに言葉の意味は検索と相性が良いですね。

検索依存にならず生活(行動)の助けにする

なんで検索するかというと知りたいからです。

じゃあなんで知りたいのかというと、色々ありますが、大きなものとして生活(行動)の助けにするためです。

方向性を決めたり、行動の成功率を上げたりね。

ただ検索を入り口としたネットの世界は広大で、自分のようになんとなく検索しているだけで数日が終わってしまったりします。

そうすると、せっかくの行動のやる気も減ってしまうし、時間ももったいないです。

早めに行動をしていればその時間分だけ前に進めたかもしれないのに。

だから検索は行動の助けであり、ツールであり、適当なところで納得して切り上げるという意識を強めに持ったほうが良いのだなという話でした。

検索依存は時間がもったいないねってことです。

タイトルとURLをコピーしました