音声入力は楽!ツールはGoogleの音声入力とドキュメントがおすすめ

ブログ

今まで何度も音声入力によるブログ記事執筆に挑戦してきましたが、慣れる前にキーボード入力の方にまた戻ってしまうということを繰り返していました。

ただ音声入力は喋るだけで記事が書けると言う魅力は捨てがたい!ので挑戦を続けていこうと思います。

というわけでこの記事は音声入力でお送りいたします。あー、テステス。

スポンサーリンク

Google音声入力とGoogleDocumentで快適

音声入力をするためのツールは今現在はAndroidのスマホとGoogle音声入力で行っています。

数年前に音声入力を知った時はGoogle音声入力が未だ認識度が高くなかったか、音声入力自体なかったのか、その辺りが少し覚えてませんが。

とにかくiPhoneのSiriを使ったりiPhoneのアプリを使うというのが一番良い方法でした。

ただその時から私はアンドロイドのスマートフォンを持っていたので、そのためだけにiPhoneを買うということも少しは考えましたけど高いですし、現実的ではありませんでした。

それからGoogle音声入力の方が精度がどんどん上がり、私の知る限りではスマホで音声入力をするならGoogle音声入力が一番良い状態になっていると思います。

弱点としては句読点改行などが日本語入力ではできないんだよなー。この句読点はキーボードで打ってます。

後は数字を喋った時にうまく認識されないこともあります。

それでも入力の精度が高いですし、憧れていた音声入力がこうやって気軽にできる状態になっているということの満足感の方が高いですわ。

テキストエディタはGoogleドキュメントを使っています。

GoogleドキュメントならGoogleドライブでほぼリアルタイムに近く同期されているので、スマホで音声入力をした後にPCで手直しをすれば良いだけなので楽チンです。

Googleの手先というわけではないのですが、同期ができるということほど音声入力をするにあたって大切なことはありません。いちいちコピペしたくない。

他にテキストエディタを使うとすればGoogleKeepかGmailくらいかな。

音声入力ツールでは以前に、有料のアプリでスワイプ+ドラゴンと言うキーボードアプリを使っていた時期もありました。

まあ時期がありましたというほど使っていたのではないのですが。

その当時はGoogle音声入力と精度もそれほど変わらないように感じ、さらに良かったのは句読点改行ができた。

ただしスワイプ+ドラゴンは音声入力以外での通常の文字入力がかなり変わっているんです。慣れるまでに相当な時間が必要そう。

スマホの文字入力ツールはATOKを使っているので、スワイプ+ドラゴンの音声入力を使う時はわざわざ切り替えて音声入力ボタンを押す必要がありました。

Google音声入力を使うときも切り替えは必要ではありますが、切り替えてすぐに音声入力を開始することができます。

ひと手間ほどではないですが0.5手間くらいは違いがあります。

少しの違いですが、毎日使うものは手間を少なくしたい。

句読点や改行は後で推敲しながら修正していけばいい

何より自分の感覚では、もうGoogle音声入力の方が変換精度が高いです。

一度文章を作ってから改行をする必要がありますが、どうせ音声入力で入力したものをそのまま投稿するわけではないので、推敲と同時に改行をしていけばいいかなと思ってます。

句読点に関しても同様です。

音声入力をした文章はどうしても半角スペースが多く入ってしまいます。

これに関しても、Web上に変換ツールもいくつかあるので、コピペだけで簡単に半角スペースを消すことができ問題ありません。

気楽に大量の文章生産をするなら音声入力がおすすめ

今回の記事はほとんど勢いで書いただけで、見出しや構成なども一切考えていませんでした。

だらだらと雑談のように話すだけで文字入力がされていくのは本当にすごいですね。

今の時点では推敲も含めるとキーボード入力と時間はそれほど変わらないような気もしますが。

気楽さが違いますね。

キーボード入力ではどうしても身構えてしまって、記事を書き始めるまでに時間かかったり、頭の中である程度構成を考えないと書き始めるまでに億劫だったり。

音声入力なら思いつきでもこうやって文章を生産することができます。

ある程度書くことを決めてしまえば、記事の生産量はもっと上がるのではないかと思います。

適当に喋っているだけで1600文字以上も文章を書くことができました。この後手直しをするのでちょっと文字数は変わるかもしれませんが。

そんなわけで、これからはできるだけ音声入力を活用していきたいと思います。

その中で気になったことや工夫などは共有していきたいと思いますので、音声入力に興味のある方はどうぞお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました