髪の毛の湿気対策!梅雨・雨の日のボサボサ・うねりをヘアケア!

お役立ち情報

梅雨などの雨の日や湿気の多い季節は髪の毛のスタイリングが決まらないもの。

というか、家を出る前はバッチリ決めてきたのに、あっという間にボサボサに!

あの時間と労力はなんだったんだ!それよりこの髪どうしよう…。

そんなふうにならないために、髪の毛の湿気対策にはトリートメントやヘアスプレーなどで、ヘアケアをしっかり行いましょう。

スポンサーリンク

ヘアアイロンで湿気に負けずに髪の毛をキープ!

雨の日に髪の毛がボサボサにならないように、ヘアアイロンでストレートヘアや前髪をしっかりキープ。

使い方次第で、湿気が多い日でもアイロンが取れにくくなります。

逆に使い方を間違えると、髪の毛を傷ませるだけになることも。

ドライヤーの冷風も使ってしっかりキープ

ヘアアイロンを使用した後にドライヤーの冷風を軽くかけると良いです。
冷風でストレートにした髪をキープしてくれるからです。

かけるのはサッと軽くで良いですよー。

この一手間の違いで、雨の日などの湿気の中での、髪の毛のキープ時間が違うなら安いもの…ですよね?

痛みやすいのでケアはしっかりと

手っ取り早くて効果が高いヘアアイロンですが、高温で挟むので髪の毛に良いはずがない!

でもやらなきゃいけない!分かってる!

せめてトリートメントなどで、毎日ダメージケアをしっかり行ってあげましょう。

髪の痛みは新たなボサボサ・うねりを生んでしまいます。

使うのはスタイリングだけで!

間違ったヘアケアの話で聞いて驚いたのが「風呂上がり、寝る前にヘアアイロンをかける」というもの。

確かにアイロンをした直後の髪はストレートできれいに見えます。

だから湿気対策ケアのつもりなのかもしれません。

でもそんなことをするのは無意味どころか、髪の毛には逆効果です!

そもそもアイロンは髪の水分を蒸発させて一時的に伸ばすもの。

湿気にさらされると元に戻ります。

また、高温なので髪の健康には悪いです。

傷んだ髪の毛は余計に空気中の水分を吸って、ますます湿気の影響を受けてしまいます。

結果、うねったり広がったりしてしまうのです。

スタイリングで使うだけにしましょう。

トリートメントやオイルなどで髪を保湿・保護する

ヘアトリートメントやオイルは髪の保湿や補修に役立ちます。

ダメージケアと保湿がしっかりされていれば、湿気による広がりやボサボサ・逆にぺたんこになるのを防いで・または軽くしてくれます。

他にも髪を外的刺激から守ることにもなるので、やはり湿気対策になるわけです。

日頃のケアで雨の日や湿度の高い日にも負けない髪をつくりましょう!

洗い流す・流さないトリートメントで髪の毛を補修&バリア

トリートメントには洗い流すタイプのものと、流さないタイプのものがあります。

効果としては、洗い流すタイプのほうがしっかりとしたケアをすることができます。

でもお風呂の度にシャンプーして着けて時間を置くのは面倒ですし、よほど傷んでいるわけでなければ毎日使用する必要もありません。。

1週間に1~3回くらいを目安に、「今日はしっかりとケアするぞ」という時に使うと良いでしょう。

それ以外の日は『流さないタイプ』を使うのがおすすめ。

忙しい方でも、手間もあまりかかりませんし、毎日ケアしていくのに向いています。

うまく流すタイプと流さないタイプを併用していくと、バッチリ髪の毛の湿気対策をすることができますよ~。

ヘアオイルでしっかり湿気対策

ヘアオイルは名前の通り油なので、湿度の高いときに髪の毛を守る力は強いです。

特にツヤ・しっとり感・さらさら感を出したい方におすすめです。

オイルにも様々な質感のものがあり、重くなりたくない方はサラサラしたものを選ぶと良いでしょう。

ヘアスプレーでコーティング


スタイリングの仕上げにヘアスプレーをすることで、湿度が高くても髪型を長時間キープすることができます。

ただし使いすぎには注意。

パリパリにならないように軽めのものを

スプレーにも硬さがいろいろありますが、湿気対策として使用するなら軽めのものを使用したほうが良いですよー。

軽くてもちゃんとスプレーができていればOKです!

うねりやすい前髪もヘアスプレーで

前髪は特に湿気の影響を受けやすく、うねりが生まれやすい部分。

しかも印象への影響が大きいから、特に気をつけたいところですね。

そんな崩れやすい前髪もスプレーを使うことでスタイルを守ることができます。

前髪にはスタイリング剤を付けすぎず、スプレーである程度キープしたほうが不自然になりにくいですよ。

使いすぎには注意

ただし、先程も書いたとおり、スプレーは使いすぎるとパリパリになってしまいます。

湿度の高い夏や雨の日は、ついついたくさん髪に吹きかけたくなるものですが、意識して薄めに使ったほうがよさそうです。

ヘアケアを入念にして髪の毛を湿気から守ろう

せっかくスタイルを作った髪型を湿気から守るために、ヘアケアを入念してしていきましょう!

  • アイロンは使い方に注意すれば心強い味方になります。
  • トリートメント・オイルは湿気に負けない髪を手に入れ、バリアで守ってくれるので欠かせません。
  • 仕上げはスプレーを軽く吹き付け、セットします。

十分に対策をして、快適に過ごしましょう!

タイトルとURLをコピーしました