自転車がパンク!イタズラかどうかの見分け方【家・駐輪場・職場】

スポーツ・アウトドア・車

停めてあった自転車に乗ろうと思ったらパンクしていた!

イタズラなのかキズや穴から空気が抜けてしまったのか、判断が難しいところ。

仮に悪意ある人間の仕業だとしたら、許せないし何より何かしら対処が必要です。

そのためにはまず、パンクがイタズラによるものなのか見分けを付けなければいけません。

腹が立って終わりならまだ良いのですが、場合によっては繰り返される可能性もあります。

私にゃ吉もイタズラにより自転車がパンクしたことがあります。

ほんっと、怒りやら脱力やらで嫌な気分でしたね。

そこで今回は、自転車のパンクが悪戯によるものなのか、見分ける方法をお伝えしてきます。

ただ先に言っておきますと、見分けは分かりやすいものでない限り難しいです

とは言え知っておくだけでも違いますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

自転車のパンクがイタズラかどうかの見分け方

このパンクはイタズラなのか。

よほど分かりやすくなければ判断が難しいところですが、

見分け方のポイントは「不自然かどうか」

通常では考えにくい自転車のパンクなら、イタズラの可能性が出てきます。

短期間に何度もパンクしている

一度ならともかく、何度も短期間に自転車のパンクが起きている場合はいたずらの可能性が高いといえるでしょう。

通常、頻繁に自転車がパンクをするのは考えられないことです。

いたずらでないとすれば、

  • 日常からよほど悪路を走っている
  • 無茶な使い方ばかりをしている
  • またはパンクの修理が不十分

のどれかが考えられます。

そうでないなら、いたずらを疑った方が良いと思います。

同じ場所で他の人の自転車もパンクしている

同じ場所で自分だけではなく、他の人も自転車もパンクが多いなら、いたずらかもしれません。

人為的でない限り、同じ駐輪場で多発というのは不自然ですからね。

駐輪場に「いたずら多発注意」のような張り紙があるならさらに可能性は高くなります。

張り紙があるということは他の人も被害にあっているからです。

横から刺さったような穴がある

自転車のタイヤに横から刺さったような穴やキズがある場合、イタズラも考えられます。

走行中なら地面に接する面にキズや穴ができるのが自然ですよね。

イタズラなら、横から穴やキズをつけるほうが簡単で時間がかかりません。

つまり、イタズラする人間にとって、やりやすいということ。

ただし、絶対に自然に横のキズはできないとは言い切れません。

ぶつけたり劣化でできたキズが広がることもあります。

目安の見方として覚えておくと良いでしょう。

何箇所もキズや穴がある

続いての自転車のパンクの見分け方として、何箇所もキズ・穴がある場合には、いたずらを疑って良いかもしれません。

普通、パンクレベルの穴がいくつもある場合は、乗っていてすぐ空気が抜けて分かるものです。

一つだけなら、

  • 穴が少しずつ大きくなってパンクレベルに広がった
  • ちょっとずつ空気が抜けてきた

と考えることもできるのですが。

あとちょっと怖いというか嫌なところが、

何箇所もキズがあるのがイタズラだとすると、犯人は「確実にパンクさせたい」心理があったと考えられるところです。

脅かすようなことを言って申し訳有りませんが、

「バレないように」ではなくて「イタズラだとバレてもかまわない(もしくはバレてほしい)」とすら思っているかもしれないのです。

もしそうなら、嫌になってしまいますねー。

心配な方は早めに周りや警察に相談しましょう。

買ったばかりの新品にしたら被害にあった

自転車を買ったばかりなのにすぐにパンクするのは不自然ですよね。

不良品だった可能性もあるので断言できないですが、イタズラの見分けの材料になります。

特に不特定を狙った悪戯の場合は、

新しい・きれい・高い(高そう)な自転車が狙われやすいと言われています。

そんな理由でパンクさせられるなんてふざけるなって話。

でも事実として、そういうこともあるのです。

バルブキャップがなくなっている

パンクとは少し違いますが、停めている間にバルブキャップが無くなっている場合もイタズラでやられたのかもしれません。

長く使っているうちに取れていることも稀にありますが、少なくとも自転車を停めているときには外れませんよね。

犯人側としては、穴を開けるよりもバルブキャップを外すほうが簡単なので悪戯しやすいとも言えます。

修理の必要はいらないのが救いですかね。もちろん勘弁してほしいものですが。

自転車のパンクがイタズラかどうか心当たりを考えてみる

自転車のパンクがイタズラかどうか、心当たりはあるでしょうか。

ある程度の人物像や動機に当てはまる心当たりがあれば、パンクがイタズラかどうか見分ける助けにもなります。

例えば最近

  • 人間関係でトラブルを起こした
  • ストーカーがいるかもしれない
  • 駐輪場の近くで不審人物を見た・情報を聞いた
  • 最近、物が無くなったり壊れていたことがあった

といった心当たりがあるのなら、(安易に決めつけるのは良くないですが)イタズラのターゲットになってしまったと考えることもできます。

パンクを発見し「悪戯かもしれない」と気づいた時、フッとなにか思い出したり思い浮かべたりしたことはなかったでしょうか。

もちろん勘違いもあるので、思い込みだけで誰かを犯人扱いすべきではありませんけどね。

悪戯かどうか実際に見分けるのは難しい

「この自転車のパンクはイタズラかどうか」見分け方をいくつか紹介してきました。

ここまで書いておいてなんですが、実際は

見分けるのは難しい

のが現実的なところです。

例えば、画鋲やガラス片などを踏んだだけかもしれません。

走行中にキズがついて、気づかないうちに徐々に大きくなった可能性も。

分かりやすく切られていたり、多発しているなどの状況がない限り、断言することは難しいのです。

逆に言えば

  • 分かりやすくイタズラされているか
  • 状況的にいたずらしかありえない

といった判断の材料を見つけることができるかどうかが、見分けるポイントとなります。

パンクがイタズラか見分ける方法まとめ

自転車のパンクがイタズラかどうかの見分け方は「不自然さ」があるかどうかです。

    • 停めている間のパンクの回数が多い
    • 自転車への悪戯が多発している場所で停めている
    • 何箇所も、または横からキズや穴がある
    • 買ったばかりなのに停めている間にパンクしていた

不自然なパンクは人為的なものかもしれません。

また、自転車の状態・状況以外にも、最近あった出来事などからイタズラかどうか見分けるヒントになります。

しかし基本的には、そのパンクが本当に他人によって行われたのかどうかの判断は、かなり難しいと言わざる負えないのが現実です。

どちらにせよ「おかしいな」と思ったら、予防や対処をしっかり行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました