カップ麺の食べ残し処理はどうする?トイレや流しに捨てるのはNG!

家事

カップ麺を食べた後のスープや食べ残した具はどう捨てれば良いのでしょうか。

全部食べて飲み干せば容器を捨てるだけなので困りませんが、それが難しいから残ってしまっているわけで。

なので、カップラーメンの残りの良い処理方法はどうするか、ですが「固める」「紙などに吸収させる」がオススメです。

反対にトイレや流しに捨てるのはおすすめしません。

この記事では、カップ麺の食べ残しのそれぞれの処理方法についてご紹介していきます。

またNGな処理方法についても、理由とともに解説していきます。

カップラーメンを食べて残ったときは、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

カップ麺の食べ残し処理方法

カップ麺の食べ残しの処理はどうするか。

課題としては汁気をどうするか、ですが、固める・吸収させて捨てるのが良いでしょう。

オススメの順に詳しくご紹介していきます。

吸水性ポリマーで固めて捨てる

カップ麺の食べ残し処理は、吸水性ポリマーを使えば簡単です。

残り汁に吸水性ポリマーを入れてかき混ぜるだけでスープが固まり、あとはゴミ箱に入れるなり、ビニール袋に入れて持ち帰るなりすればOK。

吸水性ポリマー(高吸水性樹脂)は、紙おむつや簡易トイレなどに使われる、吸水性の高い素材です。

100円ショップや大きなホームセンターに売っていることもありますし、無ければネットで簡単に購入できます。

よくカップ麺を食べる方は用意しておくと、処理方法に困ることもなくなりますね。

一度に多くの分量は使わないので、コスパも悪くなく、持ち運ぶときにも荷物を圧迫しにくいところもメリット。

難を言えば、たまたま持っている場合以外は、新たに買う必要があるくらい。

一つあれば、いざというときに簡易トイレなどに使うこともできます。

紙や布などに吸収させる

手軽かつ、処理方法としてよくあるのが、使わない布やキッチンペーパー・新聞紙に吸わせる方法です。

新聞紙や紙を入れたビニール袋などに、カップラーメンの食べ残しを入れて袋の口を縛れば完了。

後は普通にゴミとして捨てれば良いのです。

布だとカップ麺のために毎回は用意するのは難しいと思うので、新聞紙やキッチンペーパーを使うのが一般的でしょう。

この処理方法の良いところは、準備が簡単なこと。

新聞紙をとっているなら家にあるでしょうし、とってなくても、キッチンペーパーはスーパーやドラッグストアなど様々なお店で買えます。

キャンプ・登山などで外で食べるときも、家にあるものを持っていくだけなので手軽。

ただ、カップラーメンの汁をまるまる残す場合は、キッチンペーパーは多めに持っていかなければいけません。

紙が足りず、さらにビニール袋もしっかり閉めないと、ビチャビチャになってしまう可能性もあります。

新聞紙などの吸水性のある紙を多めに持っていくのが安心なので、荷物にはなってしまいますね。

コンビニの場合は引き取ってくれることも多い

コンビニでカップ麺を買ってすぐ食べた場合は、店員さんに言えば引き取ってくれることも多いです。

「ちょっと気が引ける」という方もいらっしゃると思いますが、コンビニ側としてもその辺に捨てられたり、食べ残しがあったままゴミ箱に入れられるよりはマシと考えてくれます。

店員さんにお願いして渡すだけなので、こちらとしては処理をしなくていいので楽ですね。

しかし、先程も言ったように気が引けたり嫌な顔をされる可能性もあります。

コンビニも「カップ麺の食べ残しの処理します」というサービスを業務にしているわけでもないので、もしかしたら拒否されるかもしれません(基本受け取ってくれますが)。

そもそもお金を出して買った時点で、カップラーメンはこちらのものなので、処理もこちらでやるのが当然ではあります。

それを踏まえた上で、きちんと店員さんに「お願い」をしてみれば大体は大丈夫です。

トラック運転手など仕事の関係で、コンビニでカップ麺を買ってすぐ食べる方にはお馴染みの方法ですね。

当たり前ですが、他店で買って食べたカップラーメンの食べ残しの処理は、お願いしてはいけません。

片栗粉で固める

家庭でのカップ麺の食べ残し処理では、片栗粉を使って固めることもできます。

ラーメンの残り汁を鍋などで沸騰させ、牛乳パックなど耐水性があって使い捨てができる容器に入れて熱いうちに片栗粉を入れてかき混ぜます。

冷えると固まるので、あとはゴミ箱に入れるだけ。

初めて聞いたとき、片栗粉を使って処理するなんて面白いなと思いました。

ただ、カップラーメンの残りを処理するために鍋などで加熱させたり、容器が必要だったり、片栗粉を使ったり、冷えるまで待ったりと面倒だと思う方も多いでしょう。

他の処理方法のほうが手間に感じたり、紙や吸水性ポリマーを用意できない場合は、片栗粉で固めてみるのも良いかもしれません。

やったらダメなカップ麺の食べ残し処理方法

次に、カップ麺の食べ残し処理でやったらダメな方法をお伝えします。

知らずにこんな処理方法をしてしまっている方も多いのではないでしょうか。

そのへんに捨てる

外で食べたときに残りをその辺に捨てるのは絶対にしてはいけません。

街や自然の景観を損ない、悪臭の原因になってしまいます。

カップ麺には塩分も油分も多く含まれており、自然の中に捨てることで草花などを枯らしてしまうこともあります。

まあ食べ残しの処理方法の記事を読んでいるということは、その辺に平気で捨てるようなことをする人ではないと思いますが。

トイレに流す

カップ麺の食べ残しをトイレに流す人も多いようですが、様々な問題が発生してしまいます。

カップラーメンには多くの塩分と油分が含まれており、トイレに流すことで排水管を傷めることになります。

また油分が固まって溜まっていき、トイレつまりの原因にもなります。

「ちょっとくらいなら大丈夫でしょ」

と思っても、具材や麺が残っていると水に溶けませんから詰まり率がアップしてしまいます。

トイレが詰まってしまうと、修理費用も発生してしまいますし、多くの手間とお金がかかってしまうことになります。

あと短期的なところで言うと、トイレにカップラーメンの臭いがこもってしまいますね。

流しに流す

家でカップ麺を食べたとき、一番多い処理方法が流しに流すことではないでしょうか。

食べ残しは三角コーナーにでも入れて、スープはジャーっと流してしまうのは確かに簡単ですよね。

ただこれもトイレに流すのと同じで、塩分によって排水管を傷め、油分によってつまりの原因になりえるのです。

どうしても流しに捨てて処理をする必要がある場合は、水を多く流しながらスープを薄めて流すようにしましょう。

それでも多用していると排水管に悪いのは変わらないので、オススメしません。

カップ麺の食べ残し処理で困りがちなシチュエーション

カップ麺の食べ残しの処理は困りがちなシチュエーションがあります。

何より外で食べたときは困りますし、職場や家でも食べ終わった後に

「処理はどうしよう」

となってしまうものです。

野外で食べるとき

外で食べるカップラーメンは美味しいものですが、食べ残しの処理には一番困りますね。

  • 公園
  • キャンプ
  • 登山
  • 車の中

で食べた後に、残り汁や具材を捨てる場所が無いことも多いです。

先程も申し上げたように、その辺に捨てるのは絶対にダメですし、外で食べるときには処理の準備まで考えておきましょう。

野外でのカップ麺のスープなど食べ残しの処理では最初の方でご紹介した

  • 吸水性ポリマー
  • 新聞紙やキッチンペーパー

とビニール袋を持っていけば、簡単に持って帰れるようにできます。

職場

職場で休憩中にカップラーメンを食べる方も多いのではないでしょうか。

オフィスでの処理では流しに捨てたりトイレに流すのがありがちです。

中には会社や上司が排水管や環境への影響を知らない、または軽視しているために

「(流しの掃除をする余裕がないので)カップ麺の残りはトイレに流してください」

などと指示するところもあるようです。

しかし家などに比べて、複数人で毎日のように流していたら排水管の劣化や詰まりも早くなってしまいます。

見つかったら上司によっては怒られる可能性もあるので、この記事でご紹介したような処理をして、ゴミに捨てましょう。

家でもついカップ麺の残り汁を流しに流してしまいがちです。

「ちょっとくらいいいか」

と捨て続けていると、それが積み重なって水道トラブルの原因になってしまいます。

残ったスープを処理するための紙や吸水性ポリマーがない場合は、水で薄めて、水を流しながら捨てましょう。

食べ残しの具材や麺は、三角コーナーなどに入れて別に捨てるのは忘れずに!

カップ麺の食べ残しを処理する方法まとめ

というわけで、カップ麺の食べ残しはどうするのかのご紹介でした。

  • 吸水性ポリマーなら入れてかき混ぜるだけで簡単に固まるのでおすすめ
  • 新聞紙やキッチンペーパーなどの紙や使わない布を吸収させて捨てる
  • コンビニで買ってすぐ食べたのなら、回収してもらえることも多い
  • 片栗粉で固めることもできるが、鍋などで再加熱が必要

このように処理をすることで、カップラーメンを食べた後は参考にしていただけると幸いです。

また、やってはいけない処理方法としては

  • 外のその辺に捨てるのは絶対にダメ
  • トイレに流すのは、排水管の傷みや詰まりの原因になる
  • 流しに流すのもトイレに流すのと同様だが、どうしてものときは水も一緒に多く流して薄める

というのをお伝えしました。

特に流しに捨てるのはやってしまいがちですが、長い目で見て排水管に良くありません。

カップ麺の食べ残しが出たときは、正しく処理をして「ごちそうさまでした」ができると気持ち良いですね。

タイトルとURLをコピーしました