周りに反対される彼女…アドバイスを聞くべきか無視してOKかの基準

恋愛・人間関係

周りに彼女との付き合いを反対されている。

簡単に周りの意見で付き合いを左右されたくないものの、モヤモヤは残りますよね。

確かに、アドバイスしてくる客観的な意見に耳を傾けてみるのも価値はあります。

そして冷静に彼女のことをもう一度よく見てみるのも悪くないでしょう。

この記事ではこのように

周りに反対される彼女と付き合っているとき、どうすれば良いか

についてお伝えしていきます。

他にも

  • なぜ反対してくるのかの理由
  • 聞く必要のないアドバイス
  • 応援されるための考え方

など、ご紹介していきますね。

スポンサーリンク

周りに反対される彼女の場合、アドバイスを聞くべきかの判断基準は?

周りが彼女との付き合いに反対をしてくるとき、もちろん不快にはなるでしょう。

しかし、助言は聞いておく価値はあります。

聞く価値はある

判断基準の一つとして、もし付き合っている彼女のことを反対している人が、

自分にとって近しい人(親友など仲の良い間柄)

ならアドバイスを聞く価値はあります。

反対する側としても、付き合っている彼女を否定されたら、嫌な気持ちになるだろうというのは分かるもの。

それでもあえて、あなたとの関係にヒビが入る可能性すらあるリスクを負って、言っているので、それだけあなたに伝えたいことなのです。

また実際に付き合っている自分よりは、外から見ている人の方が客観的に論理的に考えることができます。

なので外からのアドバイスは、(もちろん全てではないですが)それなりに説得力があると言えるでしょう。

一度冷静になってみよう

付き合っている彼女が周りに反対をされたら、一度彼女をよく見る機会だと言えます。

冷静になって

  • 自分以外の人との態度
  • カフェやコンビニなどの店員さんへの態度
  • 自分の友達・彼女自身の友達への態度

それらをよく観察することで、彼女の別の一面に気づくかもしれません。
また、付き合いを反対している理由に納得できるかどうかも大切です。

もしアドバイスを聞いて、ある程度納得ができるのであれば、一度冷静に考えてみる価値があります。

反対する人は何人でどんな人?

先ほどまでアドバイスはある程度聞く価値はあるし、その理由を冷静に考えるのが大切とお伝えしましたが

具体的に付き合いを反対する人は誰なのでしょうか

  • あなたにとって大切な人でしょうか
  • あなたを大切に思っている人でしょうか
  • 実際に彼女を知っている人でしょうか
  • あなたから見て判断力のある人なのでしょうか

それらに当てはまらないなら、アドバイスを聞く価値があるかは疑問が付きます。

そういったことも含めて、冷静に考える必要があるのです。

また、付き合いを反対する人の割合はどのくらいでしょうか。

例えば「みんな反対するんだよなぁ」と思っていても、よく考えてみると2人程度なんてこともあります。

または、一人だけ反対しているのであれば、もしかしたらその人の偏見の可能性もあります。

周りに反対される彼女であっても、決めるのは自分

当然ですが、周りが何を言っても、その彼女と付き合っていくかどうか決めるのは自分です。

結局その人と付き合っていくのは自分

彼女との付き合いを反対する周りの人の意見も、聞く価値はありますし参考にはなります。

が、結局その彼女と付き合っていくのは自分です。

自分が好きで付き合ったのに、人が言うからすんなりやめるのもまたおかしな話です。

自分が納得できるのであれば、自分で決めていけば良いのではないでしょうか。

ただし付き合っていくリスクも全て自分で取っていくということです。

リスクというのは、反対される理由によって、あなたが不利益を被る可能性です。

まあ恋愛にリスクを取っているのは、反対されていようが応援されていようがみんな同じですけどね。

だから自分で決めればいいんです。

周りからの”情報”はありがたく頂けばいいんですって話です。

しんどいのは事実

ただし周りが反対する彼女と付き合っていくのは、不満や不安が出たときしんどくなります。

彼女が良い人であっても、長く付き合っていけば不満の一つも出ます。

その時「その彼女はやめておきなよ」と言った相手に愚痴を言うことはできません。

もし言ったとしても「だから言ったじゃん」と言われるのがオチです。

周りに反対される理由は様々

周りはなぜ彼女との付き合いを反対してくるのでしょうか。

理由によって、耳を傾ける必要があるのかないのか変わってきます。

あなたのためを思って

彼女との付き合いを周りが反対しているのは、その人なりにあなたのためを思って言っているのかもしれません。

例えば彼女に浮気ぐせがあるだとか、お金にルーズだとか。

そういったことを知っている人なら、知らずに付き合っている彼氏にはやめておけと言いたくなるものです。

ただ、偏見が元のアドバイスもあるので注意が必要ですけどね。

  • 見た目だけで判断する
  • 学歴
  • 職業

そんなことで外から判断して「やめておいたほうがいい」と、あなたのためを思ってと反対をしている可能性もないとは言えません。

彼女の人間性を見抜いている?

反対している人は彼女の人間性を見抜いている可能性もあります。

例えばあなたには良い顔をする彼女でも、あなた以外には態度が悪いとか。

また彼女の同性である女性にウケが悪い場合は、もしかしたら男性にだけ良い顔をしている可能性も。

あなたのことが好きな時はまだ良いですが、ある程度付き合っていって慣れてきたり愛情が薄れてくると本性が出てしまう恐れがあるわけです。

特に彼女を紹介した自分の友人ではなく、元から彼女を知っている人からのアドバイスなら、耳を傾けてみるのも悪くはありません。

反対する側の自己中心的な都合の場合もある

彼女との付き合いを反対する人の理由として、ただ単に

アドバイスする側の人の自己中心的な都合

の可能性もあります。

例えば

  • あなたが可愛い彼女と付き合っていることに嫉妬している
  • 自分が好きなタイプの人ではない
  • 勝手にあなたには合わないと思い込んでいる
  • 自分と遊んだり関わる時間が減ってしまうのがつまらない

このように、心が狭いと言うか自己中心的な都合で反対をしてくる可能性もあるのです。

もちろん、そのようなアドバイスを聞く必要はありません。

ただし、自分の彼女が否定されて面白くないからと言って、相手が自己中なだけだと決めつけてしまうことはないようにしましょう。

彼女が周りに反対されないようにするには?

身近な人たちに反対される彼女であったとしても、自分が納得できればOKです。

とはいえ、やはり応援される付き合いのほうが楽しいですよね。

応援されるための考え方や方法をお伝えします。

できれば応援されたい

好きな彼女との付き合いは、できれば大切な人に応援されたいものですよね。

少なくとも付き合いを周りから反対され続けて付き合うのは嫌なもの。

特に親友や家族などの自分にとって大切な人には、同じく大切な彼女のことを否定はしてほしくないですよね。

もちろん、否定してくる人が自分にとってどうでもいい相手であれば、また元から彼女を知っているなど根拠のある理由を言える人でもなければ、そのようなアドバイスは意味がないですし、そんな人を説得する必要はありません。

自分は幸せとアピールする

自分の彼女が周りに認めてもらうには

  • 話題の中で仲が良いところをアピールする
  • 相手の良いところを自慢する
  • 自分は幸せに楽しく付き合っていることを伝える

このように、彼女との付き合いでのポジティブな面を聞かせていくことで

最初は反対していた人も

  • 実は彼女って結構いい人なのかな
  • こいつが幸せならそれでいいか

と思ってくれるようになります。

先ほども書きましたが、彼女の愚痴を言うと「だから言ったじゃないか」と言われて不快になるだけなのでやめておきましょう。

もちろん、本当に悩んでいることなら相談したほうがいいです。

感情的にならないようにしよう

応援されたい相手に好きな人を否定されると嫌な気分になります。

ただし、そんな時でも感情的になるのはいけません。

感情的に怒っても喧嘩になり、その人とのつながりも危うくなる可能性もあります。

またはどんなに必死に説明しても、感情的になってしまうと

恋愛で周りが見えていないだけだな

と思われるだけです。

なので応援して欲しい時、彼女はそんな子じゃないのにと思った時でも、感情的にはならずに

「アドバイスしてくれるのはとてもありがたいけど、多分それは彼女を少し誤解してるんじゃないかな」

と努めて冷静に話すか

その話題を打ち切ってしまうのも手です。

周りとも、反対される彼女とも良い付き合いをするために

というわけで、周りに反対される彼女だった場合の考え方や対応についてお伝えしてきました。

反対してくる身近な人たちのアドバイスは

  • 助言する人も関係がこじれるリスクを承知の上で客観的な意見を言っているので、アドバイスを聞く価値はあります。
  • 周りから彼女を反対されたら、彼女の他の人への態度を冷静によく見る機会です。
  • 反対する人は誰で、割合はどのくらいでしょう。それによってもアドバイスの信憑性も変わってきます。

この3つがポイントです。参考にしてください。

情報として助言は聞いておくとしても、反対されても決めるのは自分です。

ただし、愚痴はこぼせなくなるのがしんどいかもしれません。

反対されないようになるには、感情的に反論せず

彼女と付き合っている自分の選択は正しかった

と分かるような、幸せや彼女の良いところをアピールしていくのがおすすめです。

彼女や助言をしてくる人たちとどう向き合うにせよ、あなたにとって後悔のない道を選んでいただけたら良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました