クリスマスプレゼントはいつ置く?具体的な日にちと時間はコレ!

イベント
  • クリスマスプレゼントっていつ置くの?24日?25日?
  • クリスマスプレゼントを置く時間を知りたい

そんな保護者の方の疑問にきっちりと答えていきます。

実際、クリスマスプレゼントを枕元などに置く(渡す)日にちというのは、本場のクリスマスについての考え方を知ることで自然と答えが出るからです。

また、子供が寝ている間にプレゼントを置く時間も、タイミングを計れば難しくありません。

この記事では、お子さんへのクリスマスプレゼントを置く日にちや時間の他に、枕元以外にも子供が喜ぶプレゼントの渡し方やプレゼントの用意はいつ頃から始めるのかについてもご紹介していきます。

この記事を読むことで、大人も子供もクリスマスをもっともっと楽しむことができますよ!

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントはいつ置くのが正解?

子供の枕元や部屋などにクリスマスプレゼントを置くなら、具体的にいつ置くのが正解なのでしょうか。

  • クリスマスだから25日の夜?でも気づくのは26日だよね
  • 24日の夜ってイブだからその日?
  • 23日置いて24日気づくのは早すぎかな

考えるほど悩んでしまいますね。

また、日にちは決まっても子供が気づかないままミッションコンプリートの確率が高い時間はいつなのでしょうか。

クリスマスプレゼントは何日に置く?

寝ている子供の枕元にプレゼントを置くとすると、25日に置くか24日に置くか、または23日に置くか迷いますよね。

ただ、これは欧米のクリスマスの考え方を知れば難しくありません。

結論を先に言うと、クリスマスプレゼントを置くのは12月24日の夜です。

なぜかと言うと、クリスマスは12月24日の日没から12月25日の日没までを言うからです。

12月24日といえばクリスマスイブ。

日本ではクリスマスイブはクリスマスの前夜と認識されていますが、実際は違います。

実はクリスマスイブはクリスマスの夜という意味なのです。

なのでクリスマスプレゼントは、その間に渡すものなのです。

そうなると、24日の夜に子供達がクリスマスプレゼントを見つける、23日の夜にクリスマスプレゼント枕元などに置くのは早いということです。

とは言っても、仕事などの関係で24日の夜に置くのが難しい場合もありますよね。

そんなときは早めの23日に置いて「あわてんぼうのサンタクロース」ということにしておいたり、「今年は早めに来たよ」とサンタさんからの手紙を添えるのもありです。

その辺りの事情は人それぞれなので厳格に決める必要はないでしょう。

ただ、もし子供が友達とサンタさんやクリスマスプレゼントの話をした時に、自分だけ違うと

「何でうちだけ早い(または遅い)の」

となってしまいます。

その辺り子供は繊細ですし、夢を壊さないためにも24日の夜中に置くことに問題がなければ他の家庭と同じ日付の方が良いでしょうね。

クリスマスプレゼントを置く時間・タイミングは?

サンタクロースは24日の夜子供が寝ている時にプレゼントを置いていきます。

そして子供が気づくのは25日の朝。

なのでクリスマスプレゼントを置く時間としてベストなのは、25日の深夜0時くらいから早朝4時くらいまでの子どもがぐっすり眠っている時間帯です。

結構間が長いですが、要は子供が眠っている間気づかれずにプレゼントを置くということ。

なので、夜中に起きる可能性のあるお子さんなら早朝が良いでしょうし、一度寝付くとめったに朝まで起きないようなお子さんなら、寝息を立て始めた時においても問題はないでしょう。

もし子供が夜中に起きた場合、ちょうど置くところを見られて夢を壊してしまったり、プレゼントに気づいてそこから寝てくれなくなる可能性もあります。

とはいっても、親としても早朝まで起きているのも辛いですよね。

少し寝てからと考えると寝過ごす可能性もあります。

その辺りの大人の事情も考えると、0時くらいが最適かもしれません。

また時間にこだわるよりも、子供が寝息を立ててから1時間後くらいに枕元に置こうと決めるのもありです。

クリスマスプレゼントの渡し方

クリスマスプレゼントは子供が喜ぶタイミングで渡したいですよね。

定番の置き方から、ちょっと手の込んだ方法まで、様々なクリスマスプレゼントの置き方渡し方をご紹介していきます。

ご自分の家庭に合わせて、無理なく楽しめる渡し方を探して参考にしてくださいね。

寝てる間に枕元や近くに置く

前述した、いつ置くかも枕元に置く時の話でしたね。

日本では一般的なクリスマスプレゼント渡し方です。

子供が寝ている間にサンタさんが枕元にそっと置いていき、25日に自然と目覚めた時いつのまにかプレゼントが!

一般的ながら子供が喜ぶ効果的な方法です。

ただし子供が確実に寝ている間にミッションを成功させなければならないので、慎重さが求められます。

また、真夜中から早朝が成功確率が高いため、次の日が仕事だと大人にとっては辛いかも。

プレゼントが大きい・子供が起きそうだという時は、枕元にこだわらず足元や部屋の隅などに置くのもありです。

クリスマスツリーの下に置く

クリスマスツリーの下にプレゼントを置くのは、海外では定番の方法です。

基本的には枕元に置く方法と同じで、子供が寝た後の24日の夜に置いて、25日の朝に子供が一番先に気づくようにします。

枕元にプレゼントを置くと、子供が目覚める可能性がある場合にオススメです。

また、子供がなかなか眠ってくれない時の予備の置き場所にもなります。

プレゼントを置くのは枕元とは違い、真夜中や早朝の必要もないので、次の日が仕事の場合でも余裕を持ってプレゼントを置くことができるのもメリット。

デメリットは、子供がトイレなどで起きた時に見つかる可能性があること。ただこれは枕元に置くのも同じです。

ツリーの下にプレゼントを置くには、リビングなどにクリスマスツリーを飾っておく必要があります。

もうひと工夫をすると、海外ではサンタさんのためにツリーの下にミルクとクッキーを置いておき、サンタさんが食べていくという演出もします。

朝になるとクッキーやミルクがなくなっていたり、少し減っていたりするのです。

サンタさんが来た証拠になるので、お子さんもさらに喜ぶでしょう。

宝探しゲームをする

クリスマスプレゼントを渡す時に、宝探しゲームを取り入れるのも楽しめますよー。

「サンタクロースからの挑戦状」のような手紙を渡し、指定された場所を探すとさらに手紙が、それを繰り返すとプレゼントを発見!

探している時もワクワクできて、うまくいけば見つけた時の喜びと興奮を味わってもらえます。

注意点としてはダレないように。手紙は2回から4回くらいの適度な回数で行うこと。

また、難しいと見つけられなくなるので、絶対に見つけられるくらい簡単にしましょう。

大人、ましてや出題者の目線だと、ついつい難しくしがちです。

あくまで見つけられること・プレゼントを渡すことが目的ですからね。

宝探しゲームは他の渡し方(サンタさんからの電話など)と組み合わせても楽しいです。

プレゼントそのものだけではなく、過程も楽しめるので、クリスマスパーティーの余興にピッタリでおすすめです。

玄関先やポストに

続いて紹介するのは、玄関先やポストにクリスマスプレゼントを置く方法です。

本や小さめのプレゼントならポストに入れるのもおすすめです。

物音させる演出や、サンタさん役と連携が取れればリアリティが増します。

「今まさにサンタクロースが家まで来て、自分のためにプレゼントを置いていってくれた!」

子供にとっては本当に嬉しいものです。

例えばクリスマスパーティーの途中、物音に子供が気付き、大人が「本当?」と言いながら子供と一緒に玄関まで行きます。

そして玄関を開けるとプレゼントが!という作戦。

子供が物音に気づかない時は、大人から「何か物音がしなかった?」と言ったり、玄関まで子供が来ない場合は、大人が玄関を開けて「プレゼントがあったよ」と知らせるなど、臨機応変に対応する必要があります。

インターホンを鳴らす

物音を立てるよりも確実かつ簡単なのが、インターホンを鳴らすことです。

突然、外から物音がして玄関を開けるのは少し抵抗がある方も多いでしょうし。

協力者がいるなら、家族で揃っている時に鳴らしてもらうのが一番自然です。

大人が一人トイレに行くふりをするなど、うまく演技をすれば両親だけでも可能ではあります。

後はインターホンが鳴って、大人が玄関を開けるとプレゼントが、という作戦ですね。

サンタさんからの電話

さらに手の込んだ方法として、サンタさんから子供に電話をする作戦もあります。

協力者にサンタのふりをして電話をしてもらい

「メリークリスマス!いつも良い子にしている君のために、プレゼントを玄関に置いておいたよ。煙突がなかったからね」

など言ってもらいます。そして玄関を開けたらプレゼントが置いてある、と。

本当にサンタクロースがいるように演出できるため、上手くいけば子供も大喜びです。

ただし子供がよく会う人だとバレるので、あまり会ったことがない親戚や友人に頼みましょう。

ベランダに置く

マンションやアパート住まいなら、ベランダにプレゼントを置くのも良いでしょう。

サンタクロースといえば、トナカイのソリで空を飛んでいるイメージ。

それならばベランダにプレゼントをおく方が自然とも言えます。

玄関先にプレゼントを置く方法もお伝えしましたが、たとえ短い時間とはいえ外に置いておくのは防犯上気になるという方にもおすすめです。

ただし

  • 悪天候の時にはプレゼントが濡れてしまう可能性がある
  • 気づかれずにベランダに置いておく難易度が高い

といったデメリットもあります。

早い時間からおきっぱなしは気分的に抵抗がある方も多いでしょうし、子供に見つかる可能性もあります。

なので子供が寝た後か、お風呂に入っている時などに置くと気づかれにくいです。

前述したサンタさんからの電話作戦とも相性が良い方法ですよ。

毎年場所や渡し方を変える

具体的な場所や方法ではありませんが、毎年クリスマスプレゼントを置く場所や渡し方を変えると、子供と「今年はサンタさんとこにプレゼント置くかなー」と会話ができて楽しめます。

プレゼント自体だけよりも、置いたり渡す前からワクワク感をさらに出すことができます。

また

  • 昨年は枕元に置けたけど、今年はなかなか寝てくれないからツリーの下に置こう
  • 昨年は宝探しゲームをやったけど、今年は仕事も忙しいし時間もないから普通に枕元に置こう

臨機応変に対応することができるのもメリット。

しかしお子さんによっては「枕元にプレゼントがあると思っていたのに朝目覚めたら枕元にない!」とショックを受けて泣いてしまうかも。

クリスマスプレゼントはいつ頃から用意する?

クリスマス当日までに決めることは

  • 何をプレゼントするか決める
  • いつまでに準備するか
  • いつどこでどうやって渡すまたは置くか(さきほどまでお伝えしてきたこと)

まずは何のプレゼントが欲しいのか、子供から聞き出す必要があります。

サンタさんはいないと知っているならともかく、聞くのに工夫が必要ですね。

「サンタさんに何をお願いするの?」と聞いたり「サンタさんに手紙を書こう」と言って欲しいものを書いてもらったり。

プレゼントの準備の関係で、欲しいものを聞き出すタイムリミットもあります。

準備も12月初めまでにはしておきたいので、遅くとも聞き出すのもそのくらいまでにしましょう。

あまり早く用意をしてしまうと、後で子供の気が変わる可能性も。

しかし逆に遅いと、子供が欲しい物が売り切れなので買えない可能性も出てきます。

話題のおもちゃや人気のゲームはクリスマスが近づくと一気に売れますからね。

まとめ

というわけで、クリスマスプレゼントをいつ置くのかについてお話でした。

  • クリスマスプレゼントを枕元に置く場合は、24日の夜から25日の朝に子供が目を覚ますまでの間。
  • 子供を起こさないように、深夜0時から早朝の間に無理のない範囲が望ましい。または寝入っているのを確認してから。
  • 枕元などに置く以外にも、ツリーの下に置いたりサンタさんの存在を演出したりと、工夫次第で様々な渡し方があります。
  • クリスマスプレゼントの準備は、子供からのリクエストと用意を考えて遅くとも12月はじめまでには行っておいたほうが良いでしょう。人気の商品は売り切れの可能性もあるので。

子供が喜ぶ姿を想像すると、用意や演出をする大人の側も大変ながらも楽しみになりますね。

サンタクロースからのプレゼントという夢を持つ時期は短いもの。

その貴重な数年間をお手伝いできた記事になったなら幸いです。

良いクリスマスを!

タイトルとURLをコピーしました